Yes-No

日々の思ってる事や考えをまとめたり

都会の家賃1ヶ月分で世界中の景色を手に入れた話

 

f:id:Lemonediscream:20200719155406j:plain

f:id:Lemonediscream:20200719231541p:plain

いかがですか?私のデスクから見えるこの景色

 

憧れだったヴェネツィアに引っ越してきました。

ヴェネツィアの象徴とも言えるカナル・グランデに引っ越せて最高~!

ARIA~~~~アリシアさ~~~ん!…

_______というのは冗談で…

注文してから7ヶ月半経ってようやくAtomoph Window2が我が家に届きました。

半年以上も到着にかかったのはCOVID-19の影響によって中国で製造がストップ、物流にも大きな影響が出たためです…このご時世仕方ないね… 

説明が遅れましたが、これはAtomoph Window2、元任天堂の社員だった姜 京日氏が立ち上げたスタートアップ企業 Atmophが開発した窓型スマートディスプレイです。

見ての通り縦型のモニターに窓枠のような物がついておりますが「窓型のディスプレイに動画の風景を映し出すことで、まるで現地に赴いているような気分にさせてくれる」と言うのが売りのプロダクト。いわゆるドラえもんのどこでも窓って奴です。

「なんだよただの縦モニターか」思う所なのですが

これが意外にも私の生活に変化をもたらしてくれました。

 

購入の経緯

少し前置きが長くなりますので、経緯を飛ばしたい人は目次で飛ばしてください。

私は現在仕事の関係で都内に引っ越してきてもうすぐ1年半になります。

以前は三重の田舎に住んでいましたが、一転して渋谷まで徒歩圏でいけるような大都会での生活へとチェンジ。田舎の一軒家で暮らしていた時の生活は当然望めるわけもなく、車も預けて今は6畳1間のワンルームで借り暮らしをしております(会社の寮)

安いビジネスホテルの間取りに似た6畳1間の部屋はまるで独房のようで、窓を開けて見える景色は所狭しと並んだビル!高層マンション!アパート!ありえない密集率の一軒家!だけ。緑なんて一切ありませんね?四季は気温の変化でしか感じられない。カエルの鳴き声も蝉の鳴き声も聞こえないコンクリートジャングルでの慣れない生活は田舎者の私にはとても苦しく、この1年半常に部屋の閉塞感に悩まされ続けてました。

 

「どうやったら快適に過ごせるだろうか?」

まずは自宅で過ごす時間をよりよい物にしようと、趣味の珈琲や料理等を楽しめる部屋としてキッチンを棚で拡張したり、業務用のエスプレッソマシンを部屋に導入しました…これはこれでいいんですけど、狭い部屋が余計に狭くなっただけでしたね……

f:id:Lemonediscream:20200719184330p:plain

◆昨年導入したエスプレッソマシン、焙煎とラテアートが週末の楽しみである。

観葉植物を置いて気を紛らわせる事も考えましたが、これ以上部屋が狭くなるのも嫌で、そもそも観葉植物では根本的の問題としてある閉塞感の解決にはならないので、未だに保留されてます。あといい観葉植物が見つからない。

 

ということでyoutubeで波の映像や川の映像等流しながら工夫を凝らすことで来た当時よりも多少環境は改善されましたが、依然として閉塞感に悩まされ続けておりました。

 

そんな時、AtmophのCEOの一文を見つけました。 

共同創業者の姜は、2004年にロサンゼルスのアパートで一人暮らしをしていました。楽しい生活であるものの、慣れない言葉と新たな地での日々の学業、ラボでの研究でストレスが増えていきました。

あるとき、部屋がとても閉塞的に感じました。気がつけば、窓からは目の前のアパートしか見えず、開放感がまったくない。そこでパソコンのデスクトップを南国のビーチの写真にしたり、TVに風景DVDを流してみたりしましたが、どれもなにか違いました。それから10年の間、閉塞感を解決するアイデアを時々考えていたら、ついに一つの答えが見つかりました。「家の景色は変えられない。それをどうにか変えられるようにすればいいんじゃないか」窓の形をしていて、壁にかけるだけで世界の風景が広がる。ありそうでなかった、そんな夢のプロダクトで。 

まさに、私が感じてる問題と同じ…

「もしかしてAtmophWindow、ベストソリューションか!?」

と思ったわけです。オタクは単純なので

正直お金に余裕のある方でないと「じゃちょっくら買ってみるか~」って金額ではありませんでしたが

少しでも自分の生活に変化が付けられるのであれば何でも試してみたい。

また何よりCEOの姜氏に微力ながらも応援できたらという事で購入しました。

 

実際に使ってみて

細かい情報は公式HPを見ていただければと思いますが、

AtmophWindowは世界中で撮影された1000を超える膨大な景色が収録されています。

世界遺産から観光地や町並み、ビーチ、川、森の木々それだけでなく花火大会や飛行中の飛行機や国際宇宙ステーション、水族館、アクアリウム、海中などなど、様々な風景を人からみた視点に近いよう撮影・編集収録されており、またデバイスには振動スピーカーが内蔵されているため映像から空気が震えるように環境音が流れてきます。

以下好きな風景等の写真を添えながら

f:id:Lemonediscream:20200719155411j:plain

オプションのLEDライトを付けることで窓から光が差し込んでいるように見える

f:id:Lemonediscream:20200719155408j:plain

マッターホルンの景色と開いた窓のデコレーション、水面に山が写り込んで揺れている

f:id:Lemonediscream:20200719173616j:plainf:id:Lemonediscream:20200719173613j:plain

◆その他、地元三重の名張の風景と、クロアチアの風景、閉じた窓のデコレーションを使用

f:id:Lemonediscream:20200724084122p:plain

◆風景に飽きた人は現実ではありえない海中の様子やアクアリウム、水族館内の景色も収録されている。船窓のデコレーションを使用、他にもISSからみた地球の景色や飛行機の窓の景色等

f:id:Lemonediscream:20200719231511p:plain

 ◆京都の星のやの一室、泊まらずともこの景色が味わえるのは中々心地よい。奥で川の流れる音が

f:id:Lemonediscream:20200719163046j:plain

◆海辺の景色広大な海と砂浜

たとえばこの海と砂浜、きれいな景色ではありますが、個人的には窓から見える景色にしては少し地面が近すぎる?ような気がします。今私が付けている窓の位置だと、部屋が低く、どこか自分が地面にめり込んでいるような位置に感じてしまうというか…

おそらく画面の下部は見ちゃ駄目で、なるべくモニターの真ん中か上部を視線と合うようにするのが正解なんだとは思います。が、どうも違和感を感じてしまいます。

この景色の他にも地面が近い景色や、カメラの角度が視点と並行に撮られていない映像等(見下ろすような視点等)、窓の外にすぐ手が届きそうなのに映像が小さい物等ありますが正直違和感があります。写真や映像単体としては素敵ですが正直AtmophWindowの景色としては駄目だと思います。

f:id:Lemonediscream:20200719173618j:plain

マンハッタンのビルからの風景、ブラインド風のデコレーション

一方でこちらはいかがでしょうか?

自然の風景ではありませんが、使っていて没入感が非常に高いため気に入っている景色のひとつです。撮影の視点が並行、道路やビルの奥行きの線が絶妙。また窓のそばの地面が写り込んでいないため、どこを見ても違和感がなくまるで本当の窓から見てる景色のように見えます。

私のAtmophWindowの導入目的はあくまでも「限りなく現実の窓から見える景色に近づける事で没入感を高め、閉塞感を取り除く事」なので、多少の景観が悪かろうが、自然の風景じゃなかろうが、窓の位置・視点がマッチした風景を重要視して表示させるようにしてます。当然その中で自然の風景があれば一番よいのですが。

AtmophWindowはつける位置も自由に調整できる商品なので(暖炉等、床に立てかけるの等を前提とした風景がある)上記の海の風景等は景色は床に置いた用の風景なのかなと思います(※カメラオプションによる顔のトラッキングと、風景の移動機能開発中で、この機能が追加されれば、このあたり違和感はかなり改善されるかもしれません。)

あくまでもモニターなので窓の配置場所、見る角度、写す景色、デコレーション等の調整もしっかり考えて設置しないと上記の海の風景のような、少し視点がずれてるなと感じた瞬間に違和感が出てしまいます。内蔵されている振動スピーカーが空気に響かせるように環境音を鳴らしてくれるので(多少問題もありますが)ベストポジションの風景等を見つけられさえすれば、ふとした瞬間AtmophWindowは本当の窓のようになって「本当にその先に景色があるんじゃないか?」と思えるような、なんとも言い表せない不思議な体験を得ることができます。

まだ購入して1週間も経っておりませんが、私には少なからず閉塞感の改善や部屋に居る時の心理的なストレス低減に効果がでているようには感じております。

 

よりAtomophWindowの没入感を高めるために

「本当にそこにいるような気分」ために+α必要な物とは何か?

私は景色にある”匂い”だと思っています。 

例えば何か匂いを嗅いだ時、ふと昔の記憶が蘇ってノスタルジーな気分になる事ってありますよね?

この間、キッチンで燻製料理を作っていた時突然脳裏に実家で過ごした記憶や、五右衛門風呂で薪を燃やしてお風呂を沸かした時記憶が蘇ってきて凄くノスタルジーな気持ちになりました。これはちょっと極端な例ですが、森の匂い、海の匂い、川の匂い、雨の匂い、アスファルトの匂い等、風景には色んな特定の決まった匂いがあると思います。

それと同じように、Atmophで流す景色に近い香りを流す事ができれば、そこにいるような気持ちを増幅させられるのではないかと思い、アロマディフューザーを使って風景に合わせた様々な匂いをテストしてる最中です(ウッドの香りとかマリンの香りとか)

 

今後への期待

AtmophWindowはまだ始まったばかりの商品です。当然私も多少荒削りな部分もあるんだろうなと思った上で購入しております。

UI,UXについても色々と改善して欲しいなと思う点もあります。

ただまだ実装されていない追加予定の機能もありますし、これからに期待といった所ではあります

改善して欲しいなと思う点で言えば、例えばデコレーションの絵に少し安っぽいさを感じたり、風景の検索機能や風景選択する時のUIについての疑問点(ボタンの意味や次の風景への遷移、戻る時)メニューの構成、プレイリストについて等、

オプションで付けられるLEDのライトも便利なのですが、視点位置が低いと非常に眩しくて、直接光が出ているのを見てしまうと違和感が出てきます(ここは色々考えた上での結論かもしれませんが、周りを間接照明位で照らす位がいいのかも?)

私はこのLEDライトを風景によって光度を調整しているのですが、風景ごとにLEDライトの設定を記録できたりすると嬉しいですね。

あとはスピーカー自体にそこまで効果な物を採用するリソースはないとは思いますが(商品の値段的に)環境音をあまり大きくしてしまうと低音が抜けた雑音が目立つように聞こえてしまうため、せっかくの波の音や川の流れる音が非常にチープに感じてしまいます(これは音量を自然な音量に下げる事で概ね解決はしてます)

などなど、まぁ私の細かい要望はさておき、

私は購入してよかったと思ってます。

凄く楽しい製品で、暇さえあればつい弄ってしまいます。ただ製品のこれからを思うと、期待しているからこそ細かい部分を改善して次のユーザーにつなげて欲しいなと思う部分はどうしてもあります。どうでもいい製品なら酷評して終わりですからね。

AtomophWindowが日常に非日常を上書きするデバイスとして、今後のアップデートやatmophWindow3、4…とつながって、いつかは各家庭に最低1台あるように広まれば面白いな~と思っております。 

Atmoph JP on Twitter: "尾田栄一郎先生のアトリエにAtmoph Windowが ...

 ◆ワンピースで有名な尾田栄一郎先生のアトリエにはAtmophWindow 3台パノラマでこの風景が並んでるそうです。羨ましすぎる……こういう使い方だと手軽なアクアリウムの代替品としてもよさそうですね(値段まで手軽かどうかはともかく)

最後に

AtmophWindowは2枚3枚と購入することでパノラマ風景を映すことができるのですが、

2枚以上あるとこの商品のよさがより引き立つであろうと思ってます。

私も本当はもう1枚同じ物を購入して2枚で運用することでパノラマ風景を写せたらと思ってました。少し遠目の壁にパノラマを置くことができればモニター感もだいぶ薄れ、閉塞感の改善につながるはずなので、しかしながら、流石にオプション込で7万を超えるの商品を2枚も3枚も買うのはお財布事情が厳しい。デュアルモニターを使用するためにもう1台同じパソコンを購入ようなものです。

もしAtmophWindow3が出る時は、安価なパノラマ専用のAtmophSubWindowも同時に開発をしてもらいたいなぁ~なんて思いました。

f:id:Lemonediscream:20200719182226p:plain

◆公式より拝借、3枚使用による海底のパノラマ風景

 

 お得なクーポン出てるらしいぜ!

今なら¥3000オフ(ここ重要)のクーポンが出るそうなので

この機会に皆さんもいかがでしょうか?

atmoph.refr.cc

まだまだこれから色々な景色をテストして最適解を出していければと思います。何かAtmophWindowについて気になる点等あればコメントいただければ幸いです。

私と同じ悩みを持つ方へ、少しでも狭い閉塞感のある暮らしを改善したいなと思う方へこの商品が伝わればいいなと思います。

おわり。

*7/24日追記 

f:id:Lemonediscream:20200724002407p:plain
ヒノキのアロマとスモークチップを焼いて実家の窯の匂いを再現

ひぐらしの鳴いてる風景と合わせたら実質実家(違う)

 

沢山の人に見ていただきましてありがとうございます。

「大きな画面のテレビで風景を写したほうがよいのでは?」

「ディスプレイに木枠を付けて風景を流した方がいいのでは?」

などなどコメントいくつかいただきました。私も50インチのテレビを持っているのでyoutubeで景色を流した事はありますが、AtmophWindowのように壁にきっちり張り付いていないと「ただ風景が映ってるモニター」に見えます。縦型のモニターであるのも窓に見えるようにというのを突き詰めた結果だとか

文中にも書いてますが、じゃあAtmophは完璧かというとそうでなく、見方次第ではただのモニターに見えてしまいます。どうすれば不完全なガジェットを本物に近づけられるのか、自分を錯覚させられるか?という私の苦悩と試行錯誤を感じていただけたらと思います。

本当はもう1枚購入してパノラマにしたいのですが、フルセットで7万もする商品をもう一枚買う余裕は私にはありませんで。・゚・(ノ∀`)・゚・。

またディスプレイに木枠を付けた方がという意見ですが、モニター自体はヴェゼルの薄いものを利用して窓枠をDIYすれば同じ物を作れるとは思いますが、縦の定点の風景動画のコンテンツって今現状ほとんど存在してないので自分で撮るしかないんですよね。そこらへんの話はAtmophさんの公式ページでも話が載ってたり

自由に景色を変えたい場合は月額1,000円のサブスクリプションなんですが、そちらについても意見がちらほら、ただ日割りしたら32円ほどですので、高すぎるというほどでもないのかな~と個人的には思ったり?